告知:2020/11/30 BIND 9のCentOS 6サポート終了

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

こちら「面の個人日記」では、セキュリティで面白そうなものや、脆弱性情報でも詳細な情報が出てきていないもの、予告や同行など、雑多な情報等をお送りします。

尚、個人の立場で書いていますので、この記事に関する事柄につきましては、サイオステクノロジー社へのご質問等はご遠慮ください。



【告知:2020/11/30 BIND 9のCentOS 6サポート終了】

皆様、既にご存知だと思いますが2020/11/30をもってRed Hat Enterprise Linux 6がEOLとなり、以降は特別に契約をしたELSのみとなった事からCentOS 6もEOLになりました。

これを受けまして、BIND 9も早速CentOS 6のサポートを終了とのアナウンスを出しています。

BIND 9.16以降のCentOS 6のテストは終了され、BIND 9.11と9.11-Sのテストのみとなるとのことです。

今後も同様に様々なソフトウェアがCentOS 6のサポートを終了すると思います。思えば長かったですね、RHEL6/CentOS6系は安定してましたから。そのため、未だRHEL6/CentOS 6系は環境内に残ってる可能性がありますので、なるべく早く新しいバージョン(2024年のRHEL7 EOLを見越してRHEL8/CentOS8)に入れ替えましょう。


セキュリティ系連載案内


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

Linux Kernelの複数の脆弱性(CVE-2020-29368,CVE-2020-29369, CVE-2020-29370, CVE-2020-29371, CVE-2020-29372, CVE-2020-29373, CVE-2020-29374 )

次へ

Linux Kernelに複数の脆弱性(Moderate: CVE-2020-15436, CVE-2020-15437)