GVMのDockerでERR_CONNECTION_REFUSEDが出てつながらなくて困った話(原因は超簡単)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

GVMのDockerが入ったマシンのサブドメインを変えた所、なぜか繋がらなくなり( ERR_CONNECTION_REFUSED )ましたが「アホなことが原因」だったことが判明。検索してもすぐに出てこなかったので、備忘録と他山の石としてくれればと思って書きます。


症状

GVMのDockerが入ったマシンのサブドメインを変えた(ホスト名は変えていない)所、何故かFirefox/Chromeの両方ともつながらなくなるという事象が発生。

ブラウザからは下記のように見えました。

  • Google Chrome ( ERR_CONNECTION_REFUSED が出てくる)

  • Firefox (「接続がリセットされました」 が出てくる)

原因

誠に「マヌケ」な原因だったのですが、ChromeやFirefoxで「hogehoge.fugafuga.jp:8080」のように打ち込んでいたことが原因でした。GVMに関してはhttpsで通信を行っているので、Portが南蛮で立ち上がっていても、きちんと「https://hogehoge.fugafuga.jp:8080」と打たなくてはなりません。

気づかずに結局GVMのDockerを入れ直すという悲しい事体(ジョブはまた作り直し)になってしまいましたので、私のように変にハマる前にご確認頂ければと思います。


セキュリティ系連載案内

日々のメモを更新しています。

セキュリティ関係ニュースを更新しています。個別で情報出せるようになる前の簡単な情報・リンクなんかも載せていきます。

セミナー情報1

2021/10/22日に大阪商工会議所様が開催致しました「BCP・サイバーセキュリティセミナー「やってはイケナイ」をやってみる!」ですが、Youtube動画が公開されています。筆者も登壇しましたので、ご興味がありましたらぜひ見て下さい。


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

PostgreSQLの脆弱性情報(CVE-2021-23214, CVE-2021-23222)と新バージョン(14.1, 13.5, 12.9, 11.14, 10.19, 9.6.24)

次へ

【2021/10】セキュリティ情報拾い集めメモ