日経Linux 2021年11月号で記事を書きました

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

日経Linuxで記事を書きましたので、こちらでも紹介します。


日経Linux 2021年11月号

日経Linux 2021年11月号に記事を書きました。今回は日経Linux 2021年11月号で「セキュリティ対策最新ガイド」として特集が組まれています。

この中で、筆者は

  • Linux(Ubuntu)を対象にClamAVを用いたマルウエア対策
  • Linux(Ubuntu)を対象にOpenSCAPを用いてサーバの設定を確認・変更する
  • 2020-2021年の代表的なインシデントの確認と、OSINTを用いた情報の取得

の執筆を行いました。この中では

sudoの脆弱性(Important: CVE-2021-3156 : Baron Samedit)のPoCを紹介しています。

これに関しては、こちらにYoutubeの動画としてアップしました。


セキュリティ系連載案内

日々のメモを更新しています。

セキュリティ関係で気になったニュースの備忘録を兼ねたメモを更新しています。個別で情報出せるようになる前の簡単な情報・リンクなんかも載せていきます。

セミナー情報1

コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2021併設のワークショップ、 OSSセキュリティ技術ワークショップ(OWS) 2021の企画講演セッション及び、 一般論文セッションをさせていただきます。

今年もオンラインでの開催となり、OWSトラックの一般論文セッションと企画セッションを行いますので,ご参加よろしくお願いいたします。

https://www.iwsec.org/ows/2021/


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

【内部報告用文書纏め】OMIGODの脆弱性 について(一次報告用)

次へ

Linux Kernelの脆弱性(Important: CVE-2021-42252)