Ansible の脆弱性情報(CVE-2018-10855, CVE-2018-10874)




07/02/2017にAnsible の脆弱性情報(CVE-2018-10855, CVE-2018-10874)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

07/02/2017にAnsible の脆弱性情報(CVE-2018-10855, CVE-2018-10874)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。



Priority

Moderate

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-10855
    • 失敗したタスクに対してログにセンシティブな情報が晒される可能性

    • 重要度 - Moderate

    • 影響範囲 - Ansible (2.5.5/2.4.5以前)

    • Ansible 2.5.5/2.4.5以前では、失敗したタスクに対して"no_log"フラグを守っていませんでした。"no_log"フラグが使われていれば、タスクが成功していなくても、センシティブなタスクの情報はログに渡らずに保護されるはずです。AnsibleがAnsibleを実行しているターミナルとログファイル中にセンシティブなデータを晒してしまいます。

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-10874
    • ansibleで"ad-hoc"コマンドが使える攻撃者による任意のコマンド実行の可能性

    • 重要度 - Moderate

    • 影響範囲 - Ansible Tower ( before 3.2.4 )

    • ansibleでad-hocコマンド"が実行された際にinventory変数が現在のワーキングディレクトリからロードされるという問題が見つかりました。これを利用して、攻撃者がad-hocコマンドを使うと任意のコードを実行することができる可能性が有ります。



対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteやKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

[参考]

https://www.ansible.com/security

セキュリティ系連載案内


セミナー情報

2018年07月13日 (金) 19:00から、「OSSセキュリティ技術の会 第三回勉強会 (副題:"Keycloak"で、"認証王"に!!!おれはなるっ!!!!)」 と題しまして、OSS認証基盤のKeycloakに特化した話をさせて頂きます。

https://secureoss-sig.connpass.com/event/90917/がプログラム内容と申し込みの詳細になりますので、是非お申し込み下さい。

前へ

perl-archive-zipの脆弱性(CVE-2018-10860)

次へ

Linux Kernelの複数のLowの脆弱性(CVE-2018-13093, CVE-2018-13094, CVE-2018-13095, CVE-2018-13096, CVE-2018-13097, CVE-2018-13098, CVE-2018-13099, CVE-2018-13100)