BIND 9 に複数の脆弱性情報 ( CVE-2018-5736, CVE-2018-5737 )




05/19/2018(UTC)に、BIND 9 に複数の脆弱性情報 ( CVE-2018-5736, CVE-2018-5737 )が出ています。今回は、こちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

05/19/2018(UTC)に、BIND 9 に複数の脆弱性情報 ( CVE-2018-5736, CVE-2018-5737 )が出ています。今回は、こちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


一次情報源

BIND 9 Security Vulnerability Matrix

CVE番号 影響するバージョン プライオリティ 攻撃 Score Vector
CVE-2018-5736 9.12.0 and 9.12.1 Medium リモート(攻撃者がゾーン転送が可能であれば) CVSS Score: 5.3 CVSS Vector: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H
CVE-2018-5736 9.12.0 and 9.12.1 Medium リモート CVSS Score: 5.9 CVSS Vector: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

    • CVE-2018-5736
      • クイックセッションで複数のゾーン転送がrbtdb.cでアサーションフェーラを引き起こす可能性(DoS)

      • 重要度 - Medium

精細は各ディストリビューターの情報を参考にしてください。

      • CVE-2018-5737
        • BIND 9.12のserve-staleの実装により、serve-staleが有効になってなかった場合でも、rbtdb.cでアサーションフェーラを引き起こす可能性(DoS)

        • 重要度 - Medium

精細は各ディストリビューターの情報を参考にしてください。



対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteやKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、サービスの再起動が発生しますので、peacemakerなどOSSのクラスタ製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

セキュリティ系連載案内

前へ

Procps-ngに複数の脆弱性(CVE-2018-1120, CVE-2018-1121, CVE-2018-1122, CVE-2018-1123, CVE-2018-1124, CVE-2018-1125, CVE-2018-1126)

次へ

CPU由来の脆弱性情報(CVE-2018-3639 – Speculative Store Bypass (SSB) (Variant 4) / CVE-2018-3640 – Rogue System Register Read (RSRE) – (Variant 3a))