BIND 9 の脆弱性情報(Medium: CVE-2019-6477)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

11/21/2019にBIND 9 の脆弱性情報(Medium: CVE-2019-6477)が公開されています。今回は、こちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


2019/11/21 15:30追記:Red Hatの情報を追記しました。また暫定回避策を追記しました。



一次情報源

BIND 9 Security Vulnerability Matrix

CVE番号 影響するバージョン プライオリティ 攻撃 CVSS Score CVSS Vector
CVE-2019-6477 BIND 9.11.6-P1 -> 9.11.12, 9.12.4-P1 -> 9.12.4-P2, 9.14.1 -> 9.14.7, 9.11.5-S6 -> 9.11.12-S1 (BIND 9 Supported Preview Edition), 9.15.0 -> 9.15.5(Dev branch) Medium リモート CVSS Score: 6.5 CVSS Vector: CVSS:3.1AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H/E:U/RL:O/RC:C

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-6477
    • TCPパイプラインによるクエリがTCPクライアント制限を迂回出来る可能性
    • 重要度 - Medium
    • 説明:デザイン上、BINDは接続できるTCPクライアントの数を制限することが出来ます。CVE-2018-5743の脆弱性によりBINDのTCPクライアントの同時接続数の計算方法をTCPクエリからTCPクライアント接続に変更しました。しかしながらパイプライン化されたTCP問い合わせを扱えるサーバでは、一つのTCPクライアントが単一の接続で膨大な数のDNSリクエストを送ることが可能です。このようなクエリは新しいTCPクライアント制限を迂回してしまいます。

      影響:パイプラインを有効にすると、TCP接続のクエリに対して、UDPまたはTCPを介してパイプラインを有効にせずに受信したクエリと同様のリソース割り当てが必要となります。 サーバーへのTCPパイプライン接続を使用するクライアントは、サーバーが処理するように考えられているよりも多くのリソースを消費する可能性があります。 多数のパイプラインクエリを使用するTCP接続が閉じられると、これら複数のリソースを解放するサーバーの負荷により、権限のあるクエリまたはキャッシュから応答できるクエリであっても応答しなくなる可能性があります(これは、途切れ途切れのサーバーの問題として認識される可能性が高いです)。
  • 暫定回避策 下記の設定を行ってTCPパイプラインを無効にすることで問題を緩和できます。ただし、BINDの再起動が必要になります("reload"や"reconfig"では無効にしたことが適用されません)。
    
        keep-response-order { any; };
    

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、サービスの再起動が発生しますので、peacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。


セキュリティ系連載案内

セミナー情報1

OSSセキュリティ技術の会では、2019/12/13(金) 19:00-21:00に「OSSセキュリティ技術の会 第七回勉強会(副題:君がッ泣くまで入力をやめないッ! ~Linuxカーネルの高度な試験自動化技術と バグハンティングの巻~)」と題して、「syzkaller/syzbot」をテーマに勉強会を開催することになりました。

Linux カーネルのソースコードカバレッジを活用した高度な試験自動化技術について話していただきます。

プログラム内容と申し込みの詳細についてはこちら(connpass)を御確認下さい。


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

Linux Kernelの複数の脆弱性情報(CVE-2019-19043, CVE-2019-19044, .... , CVE-2019-19074)

次へ

phpMyadminの脆弱性情報(Serious(深刻): CVE-2019-18622)