BusyBoxの脆弱性情報(CVE-2018-1000500 , CVE-2018-1000517 )




06/27/2018にBusyBoxの脆弱性情報(CVE-2018-1000500 , CVE-2018-1000517 )が公開されています。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


 

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

06/27/2018にBusyBoxの脆弱性情報(CVE-2018-1000500 , CVE-2018-1000517 )が公開されています。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。



Priority

Moderate(CVE-2018-1000500, CVE-2018-1000517)

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-1000500
    • "busybox wget"による任意のコード実行の可能性

    • 重要度 - Moderate

    • Busyboxで、"busybox wget"を行った際にSSL証明書のチェックが漏れていたため、任意のコードを実行される可能性があります。攻撃はHTTPSを使って"busybox wget https://compromised-domain.com/important-file"を使用して、任意のファイルを単純にダウンロードすることにより行われます。

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-1000517
    • ヒープバッファーオーバーフローの脆弱性

    • 重要度 - Moderate

    • "8e2174e9bd836e53c8b9c6e00d1bc6e2a718686e"のコミットより前のバージョンのwgetでは、"Busybox wget"機能の部分にヒープバッファーオーバーフローの脆弱性を含んでいます。この脆弱性は"8e2174e9bd836e53c8b9c6e00d1bc6e2a718686e"のコミットで修正されています。



対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteやKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、OSの再起動が発生しますので、peacemakerなどOSSのクラスタ製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[参考]

http://lists.busybox.net/pipermail/busybox/2018-May/086462.html

https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-1000500

https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-1000517

セキュリティ系連載案内


セミナー情報

2018年07月13日 (金) 19:00から、「OSSセキュリティ技術の会 第三回勉強会 (副題:"Keycloak"で、"認証王"に!!!おれはなるっ!!!!)」 と題しまして、OSS認証基盤のKeycloakに特化した話をさせて頂きます。

https://secureoss-sig.connpass.com/event/90917/がプログラム内容と申し込みの詳細になりますので、是非お申し込み下さい。

前へ

Linux Kernelの脆弱性情報(CVE-2018-12633)

次へ

Linux Kernelの脆弱性情報(CVE-2018-12714 )