Cactiの複数の脆弱性(CVE-2017-16641, CVE-2017-16660, CVE-2017-16661) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

Cactiの複数の脆弱性(CVE-2017-16641, CVE-2017-16660, CVE-2017-16661) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー
現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / Cactiの複数の脆弱性(CVE-2017-16641, CVE-2017-16660, CVE-2017-16661)

Cactiの複数の脆弱性(CVE-2017-16641, CVE-2017-16660, CVE-2017-16661)

11/07/2017にCactiの脆弱性情報(CVE-2017-16641)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。 (注) 11/08に更に二つの脆弱性(CVE-2017-16660, CVE-2017-16661)が公開されたため、このページに追加します。それぞれ独立の脆弱性です。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

11/07/2017にCactiの脆弱性情報(CVE-2017-16641)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。

(注) 11/08に更に二つの脆弱性(CVE-2017-16660, CVE-2017-16661)が公開されたため、このページに追加します。それぞれ独立の脆弱性です。




修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2017-16641
    • 悪意のあるリモートの管理者による任意のコード実行の可能性

    • Cacti 1.1.27 のlib/rrd.phpには、settings.phpへのaction=saveリクエストのpath_rrdtoolパラメータを通じて、認証されたシステム管理者がOS上の任意のコードを実行することが可能になります。

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2017-16660
    • 悪意のあるリモートの管理者による任意のコード実行の可能性

    • Cacti 1.1.27では、リモート認証された管理者がWebルートの下にLog Pathを置き、Client-ipヘッダにPHPコードを含む、remote_agent.phpリクエストを作成することにより、リモートからのコード実行が可能になります。

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2017-16661
    • 悪意のあるリモートの管理者による任意のファイルの読み出しの可能性

    • Cacti 1.1.27では、リモート認証された管理者は、Log Pathをプライベートディレクトリに配置し、次に"clog.php?filename =" を実行することで、/etc/passwd等、任意のファイルを読み取ることができます。



対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

[参考]

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2017-16641

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2017-16660

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2017-16661


セミナー情報

2017/11/29 19:00に、OSSセキュリティ技術の会 第二回勉強会を行います。

今回のテーマは新世代のOSS認証基盤です。

https://connpass.com/event/69314/がプログラム内容と申し込みの詳細になります。奮ってご参加下さい。

セキュリティ系連載案内

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

タグ:
OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン

----- EXTENDED BODY:

前へ

bind 9 での緊急の脆弱性 ( CVE-2016-8864 ) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

次へ

MIT Kerberosの脆弱性情報(CVE-2018-5709, CVE-2018-5710) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー