containerdの脆弱性(Moderate: CVE-2021-32760)と新バージョン(v1.4.8, v1.5.4)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

07/20/2021にcontainerdの脆弱性(Moderate: CVE-2021-32760)と新バージョン(v1.4.8, v1.5.4)が公開されています。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

CVE番号 影響するバージョン 一次情報源 Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2021-32760 containerd <=1.4.7,1.5.0,1.5.1,1.5.2,1.5.3 Archive package allows chmod of file outside of unpack target directory

Vendor: Moderate

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2021-32760
    • containerd-shim APIによるホストネットワークコンテナの露出
    • 該当バージョンのcontainerdでは、特別に細工されたコンテナイメージをPullして展開する際にバグがあり、ホストのファイルシステムに存在しているファイルのUnixパーミッションを変更してしまうことが出来ました。ファイルパーミッションの変更によりファイル所有者のアクセスが拒否されたり、setuid, setgid, sticyビットなどが設定される可能性があります。このバグにより直接的にファイルの読み込み、変更、実行のようなことは生じません。

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、OSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。


セキュリティ系連載案内

CM

こちらで小学生の勉強支援サイトをオープンしました。算数のプリント(都度、自動生成)が無料でダウンロードできます。コンテンツは未だ少ないですが、徐々に増やしていきます。


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

Apache Tomcatの複数の脆弱性情報(Important: CVE-2021-30639, CVE-2021-33037, Low: CVE-2021-30640 )

次へ

QualysによるLinux Kernelの脆弱性(Important: CVE-2021-33909)とSystemdの脆弱性(CVE-2021-33910)に関するアドバイザリ