containerdの脆弱性(High: CVE-2021-43816)と新バージョン(v1.5.9)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

01/06/2021にcontainerdの脆弱性(High: CVE-2021-43816)と新バージョン(v1.5.9)が公開されています。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

CVE番号 影響するバージョン 一次情報源 Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2021-43816 1.5.0 <= containerd < 1.5.9 containerd CRI plugin: Unprivileged pod using `hostPath` can side-step SELinux

Vendor: High

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2021-43816
    • containerの不十分なパーミッション制限
    • containerdのバージョンがv1.5.0以上でSELinuxセキュリティモジュールを使用しておりcontainerdのCRI実装でLinuxシステムを立ち上げた場合、特別に設定されマウントされたhostPathボリュームを通じてホストの任意のファイルやディレクトリをコンテナプロセスのSELinuxラベルと同じにリラベリングすることができます。このリラベリングにより任意のファイル/ディレクトリに対して完全なread/writeアクセス権限を得ることが可能です。

      KubernetesとcrictlはcontainerdのCRI実装を使用するように設定することができます。containerdのCRI実装を使用していない場合には、この問題の影響を受けません

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、OSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

日々のメモを更新しています。

セキュリティ関係ニュースを更新しています。個別で情報出せるようになる前の簡単な情報・リンクなんかも載せていきます。

前へ

CVE数の動向と考察(2021年版)Part2

次へ

Sambaの脆弱性情報(Moderate: CVE-2021-20316)