ISC-DHCPの複数の脆弱性 ( CVE-2018-5732 , CVE-2018-5733 ) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

ISC-DHCPの複数の脆弱性 ( CVE-2018-5732 , CVE-2018-5733 ) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / ISC-DHCPの複数の脆弱性 ( CVE-2018-5732 , CVE-2018-5733 )
 

ISC-DHCPの複数の脆弱性 ( CVE-2018-5732 , CVE-2018-5733 )

02/28/2018(UTC)に、ISC-DHCPに関して複数の脆弱性情報 ( CVE-2018-5732 , CVE-2018-5733 )が出ています。今回は、これらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。
 

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

02/28/2018(UTC)に、ISC-DHCPに関して複数の脆弱性情報 ( CVE-2018-5732 , CVE-2018-5733 )が出ています。今回は、これらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


一次情報源

CVE番号 影響するバージョン プライオリティ 攻撃 CVSS Score CVSS Vector
CVE-2018-5732 4.1.0 -> 4.1-ESV-R15, 4.2.0 -> 4.2.8, 4.3.0 -> 4.3.6, 4.4.0 High リモート 7.5 CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H
CVE-2018-5733 4.1.0 -> 4.1-ESV-R15, 4.2.0 -> 4.2.8, 4.3.0 -> 4.3.6, 4.4.0 Medium リモート 5.9 CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

Priority

High(CVE-2018-5732), Medium(CVE-2018-5733)

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

バージョンに関する精細は各ディストリビューターの情報を参考にしてください。

  • CVE-2018-5732
    • 悪意のあるDHCPサーバの特別に作られたレスポンスによるdhclientのBoF

    • 重要度 - High

    • DHCPオプションを処理する際に使われるバッファーの境界チェックが完全でなかったため、悪意のあるDHCPサーバ(或いはマスカレード)が特別に作成したoptionsセクションを含むレスポンスをdhclientに返答することで、dhclientでBoF(結果としてクラッシュ)を引き起こすことが可能です。

  • CVE-2018-5733
    • 悪意のあるクライアントによるISC dhcpdサーバのリファレンスカウンタのオーバーフロー

    • 重要度 - Medium

    • 非常に大きい量のトラフィック(何十億ものパケット)をDHCPサーバに送ることが出来る、悪意のあるdhcpクライアントにより、DHCPサーバのリファレンスカウンタ(32-bit)がオーバーフローし、結果としてdhcpdがクラッシュする可能性が有ります。


主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

Red Hat Satelliteを用いた一般的なErattaの適用は、『Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる』を 参考にして下さい。

また、アプリケーションの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[参考]

ISC-DHCP 9 Security Vulnerability Matrix

https://kb.isc.org/article/AA-01565

https://kb.isc.org/article/AA-01567

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

セキュリティ系連載案内

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

 
OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン

----- EXTENDED BODY:

前へ

Linuxでの効果的なAntivirus の設定と運用 (第三部 効果的な運用例) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

次へ

glibcの脆弱性(CVE-2018-6485) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー