ISC DHCPの脆弱性(Medium: CVE-2022-2928 , CVE-2022-2929 )

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

10/05/2021にISC DHCPの脆弱性(Medium: CVE-2022-2928 , CVE-2022-2929 )が公開されました。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。



[過去の関連リンク]


Priority

CVE番号 影響するバージョン 一次情報源 攻撃 Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2022-2928 ISC DHCP : 4.1-ESV-R1 -> 4.1-ESV-R16-P1, 4.4.0 -> 4.4.3. CVE-2022-2928 An option refcount overflow exists in dhcpd

Vendor: 6.5 Medium

AV:A/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2022-2929 ISC DHCP: 1.0.0 -> 4.1-ESV-R16-P1 4.2.0 -> 4.4.3. CVE-2022-2929 DHCP memory leak

Vendor: 6.5 Medium

AV:A/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細は一次情報源をご確認ください)

  • https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2022-2928
    • リファレンスカウンターのオーバーフローによるサーバのabort
    • "add_option()"が"option_code_hash_lookup()"関数により呼び出された際に、オプションの"refcount"フィールドが増加します。しかし、"option_dereference()"関数が呼び出される際には"refcount"フィールドを減らす機構がありません。関数"add_option()"はleaseクエリパケットの返答時のみにしようされます。それぞれのleaseクエリ返答がこの関数を様々なオプションで呼び出すため、最終的に、リファレンスカウンターがオーバーフローを起こしサーバがabortします。
    • 迂回方法:DHCPv4でleaseクエリを無効化することで迂回することが出来ます。
  • https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2022-2929
    • メモリリークの可能性
    • "fqdn_universe_decode()"関数は受信したDHCPパケットのためにoption 81(fqdn)コンテンツをバッファするスペースをアロケートします。DNSの"label"の最大長は63bytesです。関数は"fqdn"が含まれるラベルのバイト長を毎回テストしており、バイト長が63を超える場合にバッファスペースの参照先を返さずにreturnします。これによりメモリリークが発生する可能性があります。

対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

日々のメモを更新しています。

セキュリティ関係ニュースを更新しています。個別で情報出せるようになる前の簡単な情報・リンクなんかも載せていきます。

セミナー情報

今年も情報処理学会のCSS2022(有償)中でOWS2022を開催致します。

■開催期間 2022年10月24日(月) ~ 2022年10月27日(木)

■会場 熊本城ホールとオンライン(ZOOM)のハイブリッド開催

主催 一般社団法人 情報処理学会 コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)

共催 一般社団法人 情報処理学会 セキュリティ心理学とトラスト研究会(SPT)

合同開催

OWS2022では、企画講演セッションの他に、招待講演として「タイトル:オープンソースソフトウェアをより安全にするための取組み」と題してLinux Foundationの方に講演いただきます。

他にもOSSのセキュリティに関する講演や論文発表が目白押しです。奮ってご参加ください。

参加費はこちら(OWSだけでなくCSS全てに参加することができます。

参加登録はこちら

前へ

Apache Tomcatの脆弱性情報(High: CVE-2021-43980)

次へ

【重要:3.0.6/1.1.1rはregressionが見つかったため撤回】OpenSSLの脆弱性情報(Low: CVE-2022-3358)と新バージョン(3.0.6, 1.1.1r)