Docker Engineの脆弱性情報(CVE-2018-20699)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

01/11/2019に、Docker Engineの脆弱性情報(CVE-2018-20699)が公開されています。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

  • CVE-2018-20699
    • SuSE
    • Red Hat Customer Potal
    • NVD

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-20699
    • 非特権ユーザによるシステムクラッシュ(general protection fault)の可能性
    • 18.09より前のDocker Engineでは、daemon/daemon_unix.go, pkg/parsers/parsers.go, pkg/sysinfo/sysinfo.goに関係する箇所に問題があり、攻撃者が大きな整数を--cpuset-mems又は--cpuset-cpus値で与えることで、DoS(dockerdのメモリ消費)を引き起こすことが可能です。

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、OSの再起動が発生しますので、peacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

セキュリティ系連載案内

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

OpenSSH(scp)の脆弱性情報(Important: CVE-2018-20685)

次へ

katelloの脆弱性情報(Moderate: CVE-2018-16887)