docker-compose-remote-apiパッケージの脆弱性情報(CVE-2020-7606)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

03/14/2020にdocker-compose-remote-apiパッケージの脆弱性情報(CVE-2020-7606)が公開されています。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


[過去の関連リンク(最新5件)]



Priority

CVE番号 影響するバージョン Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2020-7606 docker-compose-remote-api package <= 0.1.4

Vendor: 6.5 Medium

Vendor: CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:L/A:N/E:P/RL:U/RC:C

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2020-7606
    • コマンドインジェクションの可能性
    • 0.1.4までのdocker-compose-remote-apiには任意のコマンドを実行させられる脆弱性が存在します。パッケージの"index.js"中で、'exec(serviceName, cmd, fnStdout, fnStderr, fnExit)'関数が'serviceName'関数を使いますが、これはサニタイズされておらず、ユーザによって制御することが可能です。

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、OSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。


セキュリティ系連載案内


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

ansibleの脆弱性情報(CVE-2020-1737)

次へ

FreeRADIUSの脆弱性情報(Moderate: CVE-2019-20510)