GlusterFSの脆弱性(CVE-2018-10841)




06/21/2018にGlusterFSの脆弱性情報(CVE-2018-10841)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

06/21/2018にGlusterFSの脆弱性情報(CVE-2018-10841)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。



Priority

Important

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-10841
    • 特権昇格の可能性

    • 重要度 - Important

    • TLSを用いて認証されたglusterクライアントがgluster cliを--remote-hostコマンドを用いて使用することにより、自分地震を信頼されたストレージプールに加え、特権のあるglusterオペレーション(他のマシンを信頼されたストレージプールに加える/開始/停止/ボリュームの削除など)を実行することが出来ます。


主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteやKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、OSの再起動が発生しますので、peacemakerなどOSSのクラスタ製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[参考]

http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-10841


セミナー情報

2018年07月13日 (金) 19:00から、「OSSセキュリティ技術の会 第三回勉強会 (副題:"Keycloak"で、"認証王"に!!!おれはなるっ!!!!)」 と題しまして、OSS認証基盤のKeycloakに特化した話をさせて頂きます。

https://secureoss-sig.connpass.com/event/90917/がプログラム内容と申し込みの詳細になりますので、是非お申し込み下さい。

セキュリティ系連載案内

前へ

pythonの脆弱性(CVE-2018-1060, CVE-2018-1061)

次へ

Linux Kernelの脆弱性情報(CVE-2018-12633)