Linux Kernelの脆弱性情報(Important: CVE-2019-3701)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

01/03/2019にLinux Kernelの脆弱性情報(Important: CVE-2019-3701)が公開されています。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

  • CVE-2019-3701

    Important

    • SuSE
      • CVSS v3 Base Score: 7
      • Vector: AV:L/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H
    • Red Hat Customer Potal
    • NVD

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-3701
    • 非特権ユーザによるシステムクラッシュ(general protection fault)の可能性
    • 重要度 - Important
    • 4.19.13までのLinux Kernelのnet/can/gw.c中のcan_can_gw_rcv()に問題が見つかりました。CANフレーム修正ルールがbit単位の論理的操作を許可する際にcan_dlcフィールドにも適用されます。ここでcgw_csum_xor_relに関する部分でチェックの漏れがあったため、CANドライバがcan-gw操作を施されたフレームを処理する際に、CANコントローラのI/Oメモリ中のデータレジスタを超えて任意のコンテンツを書き込むことが出来ます。これを利用して、非特権ユーザがシステムクラッシュ(general protection fault)を引き起こすことが可能です。

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、OSの再起動が発生しますので、peacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

セキュリティ系連載案内


セミナー情報

2019/01/09 18:30-20:30で、「OSSライセンスMeetup Vol.1」を行います。

今回は技術評論社刊「OSSライセンスの教科書」著者・上田さんを迎えて刊行に至った理由・本著に込めた思い・見どころなどを語っていただき、後半ではテクニカルライター可知豊さんと共に上田さんと本書についてのディスカッションを行います。

https://sios.connpass.com/event/104422/がプログラム内容と申し込みの詳細になります。奮ってご参加下さい。

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

kubernetes dashboardの脆弱性情報(CVE-2018-18264)

次へ

新たなハードウェアに依存しないサイドチャネル攻撃(Page Cache Attacks)