Linux Kernelの複数の脆弱性情報(CVE-2019-19043, CVE-2019-19044, .... , CVE-2019-19074)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

11/19/2019にLinux Kernelの複数の脆弱性情報(CVE-2019-19043, CVE-2019-19044, CVE-2019-19045, CVE-2019-19046, CVE-2019-19047, CVE-2019-19048, CVE-2019-19050, CVE-2019-19051, CVE-2019-19052, CVE-2019-19053, CVE-2019-19054, CVE-2019-19055, CVE-2019-19056, CVE-2019-19057, CVE-2019-19058, CVE-2019-19059, CVE-2019-19060, CVE-2019-19061, CVE-2019-19062, CVE-2019-19063, CVE-2019-19064, CVE-2019-19065, CVE-2019-19066, CVE-2019-19067, CVE-2019-19068, CVE-2019-19069, CVE-2019-19070, CVE-2019-19071, CVE-2019-19072, CVE-2019-19073, CVE-2019-19074)が公開されています。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

CVE番号 影響するバージョン Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2019-19043 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19044 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19045 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19046 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19047 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19048 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19050 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19051 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19052 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19053 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19054 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19055 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19056 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19057 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19058 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19059 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19060 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19061 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19062 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19063 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19064 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19065 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19066 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19067 Linux Kernel < 5.3.8

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19068 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19069 Linux Kernel < 5.3.9

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19070 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19071 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19072 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19073 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

CVE-2019-19074 Linux Kernel < 5.3.11

NVD: High

NVD: CVSS 7.5 HIGH/ CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19043
    • DoS(メモリ消費)の可能性
    • 5.3.11までのdrivers/net/ethernet/intel/i40e/i40e_main.c中のi40e_setup_macvlans() 関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるi40e_setup_channel()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19044
    • DoS(メモリ消費)の可能性
    • 5.3.11までのdrivers/gpu/drm/v3d/v3d_gem.c中の v3d_submit_cl_ioctl()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるkalloc()やv3d_job_init()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19045
    • DoS(メモリ消費)の可能性
    • 5.3.11までのdrivers/net/ethernet/mellanox/mlx5/core/fpga/conn.c中のmlx5_fpga_conn_create_cq() 関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるmlx5_vector2eqn() フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19046
    • DoS(メモリ消費)の可能性
    • 5.3.11までのdrivers/char/ipmi/ipmi_msghandler.c中の__ipmi_bmc_register()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるida_simple_get()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19047
    • DoS(メモリ消費)の可能性
    • 5.3.11までのdrivers/net/ethernet/mellanox/mlx5/core/health.c中のmlx5_fw_fatal_reporter_dump() 関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるmlx5_crdump_collect()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19048
    • DoS(メモリ消費)の可能性
    • 5.3.11までのdrivers/virt/vboxguest/vboxguest_utils.c中のcrypto_reportstat()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるcopy_form_user()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19050
    • DoS(メモリ消費)の可能性
    • 5.3.11までのcrypto/crypto_user_stat.c中のcrypto_reportstat()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるcrypto_reportstat_alg()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19051
    • DoS(メモリ消費)の可能性
    • 5.3.11までのdrivers/net/wimax/i2400m/op-rfkill.c中のi2400m_op_rfkill_sw_toggle()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19052
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/net/can/usb/gs_usb.c中のgs_can_open()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるusb_submit_urb()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19053
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/rpmsg/rpmsg_char.c中のrpmsg_eptdev_write_iter()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるcopy_from_iter_full()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19054
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/media/pci/cx23885/cx23888-ir.c中のcx23888_ir_probe()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるkfifo_alloc()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19055
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのnet/wireless/nl80211.c中のnl80211_get_ftm_responder_stats()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるnl80211hdr_put()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19056
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/net/wireless/marvell/mwifiex/pcie.c中のmwifiex_pcie_alloc_cmdrsp_buf()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるmwifiex_map_pci_memory()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19057
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/net/wireless/marvell/mwifiex/pcie.c中のmwifiex_pcie_init_evt_ring()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるmwifiex_map_pci_memory()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19058
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/net/wireless/intel/iwlwifi/fw/dbg.c中のalloc_sgtable()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるalloc_page()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19059
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/net/wireless/intel/iwlwifi/pcie/ctxt-info-gen3.c中のiwl_pcie_ctxt_info_gen3_init()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるiwl_pcie_init_fw_sec() 又はdma_alloc_coherent()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19060
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/iio/imu/adis_buffer.c中のadis_update_scan_mode()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19061
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/iio/imu/adis_buffer.c中の adis_update_scan_mode_burst()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19062
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのcrypto/crypto_user_base.c 中のcrypto_report() 関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるcrypto_report_alg()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19063
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/net/wireless/realtek/rtlwifi/usb.c中のrtl_usb_probe() 関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19064
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/spi/spi-fsl-lpspi.c中のfsl_lpspi_probe()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるpm_runtime_get_sync()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19065
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/infiniband/hw/hfi1/sdma.c中のsdma_init() 関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるrhashtable_init()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19066
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/scsi/bfa/bfad_attr.c中のbfad_im_get_stats()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるbfa_port_get_stats()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19067
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.8までのdrivers/gpu/drm/amd/amdgpu/amdgpu_acp.c中のacp_hw_init()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるmfd_add_hotplug_devices() 又はpm_genpd_add_device() フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19068
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/net/wireless/realtek/rtl8xxxu/rtl8xxxu_core.c中のrtl8xxxu_submit_int_urb()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるusb_submit_urb()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19069
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.9までのdrivers/misc/fastrpc.c中のfastrpc_dma_buf_attach()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるdma_get_sgtable()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19070
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/spi/spi-gpio.c中のspi_gpio_probe()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるdevm_add_action_or_reset()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19071
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/net/wireless/rsi/rsi_91x_mgmt.c中のrsi_send_beacon() 関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によるrsi_prepare_beacon()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19072
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのkernel/trace/trace_events_filter.c中のpredicate_parse()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19073
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのrivers/net/wireless/ath/ath9k/htc_hst.c中にメモリリークの問題があり、攻撃者によるwait_for_completion_timeout()フェイラーによりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。
    • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-19074
      • DoS(メモリ消費)の可能性
      • 5.3.11までのdrivers/net/wireless/ath/ath9k/wmi.c中のath9k_wmi_cmd()関数にメモリリークの問題があり、攻撃者によりDoS(メモリ消費)を引き起こされる可能性が有ります。

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、OSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。


セキュリティ系連載案内

セミナー情報1

OSSセキュリティ技術の会では、2019/12/13(金) 19:00-21:00に「OSSセキュリティ技術の会 第七回勉強会(副題:君がッ泣くまで入力をやめないッ! ~Linuxカーネルの高度な試験自動化技術と バグハンティングの巻~)」と題して、「syzkaller/syzbot」をテーマに勉強会を開催することになりました。

Linux カーネルのソースコードカバレッジを活用した高度な試験自動化技術について話していただきます。

プログラム内容と申し込みの詳細についてはこちら(connpass)を御確認下さい。


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

Intell グラフィックスドライバの脆弱性 (CVE-2019-0154, CVE-2019-0155)

次へ

BIND 9 の脆弱性情報(Medium: CVE-2019-6477)