Linux Kernelの脆弱性(CVE-2021-45485, CVE-2021-45486)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

12/27/2021にLinux Kernelの脆弱性(CVE-2021-45485, CVE-2021-45486)が公開されました。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

CVE番号 影響するバージョン 一次情報源 Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2021-45485 Linux Kernel < 5.13.3

ipv6: use prandom_u32() for ID generation

CVE-2021-45486 Linux Kernel < 5.12.4

inet: use bigger hash table for IP ID generation

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、OSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

日々のメモを更新しています。

セキュリティ関係ニュースを更新しています。個別で情報出せるようになる前の簡単な情報・リンクなんかも載せていきます。

セミナー情報1

2021/10/22日に大阪商工会議所様が開催致しました「BCP・サイバーセキュリティセミナー「やってはイケナイ」をやってみる!」ですが、Youtube動画が公開されています。筆者も登壇しましたので、ご興味がありましたらぜひ見て下さい。

前へ

Linux Kernelの脆弱性(CVE-2021-45480)

次へ

CVE数の動向と考察(2021年版)Part2