Linux Kernelの脆弱性(Important: CVE-2022-2991)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

08/26/2022にLinux Kernelの脆弱性(Important: CVE-2022-2991)が公開されました。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について纏めます。




Priority

CVE番号 影響するバージョン 一次情報源 Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2022-2991

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-22-960/

Red Hat: 8.2 Important Zero Day Initiative(ZDI): 8.2

Red Hat: CVSS:3.1/AV:L/AC:L/PR:H/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

ZDI: (AV:L/AC:L/PR:H/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H)

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2022-2991
    • 境界外メモリアクセスの可能性
    • Linux KernelのLightLVM(オープンチャンネル型SSDを扱うための機構)サブシステム内にヒープベースバッファーオーバーフローの脆弱性が見つかりました。これはユーザが提供したデータを固定長のヒープベースバッファーにコピーする前にデータの長さを確認する機構に漏れがあったためです。この脆弱性を利用して、ローカルの攻撃者は権限を昇格し任意のコードを実行することが出来ます。攻撃者がこの脆弱性を利用するためには、ターゲットシステムで高位の権限のコードを実行することができる必要があります。

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、OSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

日々のメモを更新しています。

セキュリティ関係ニュースを更新しています。個別で情報出せるようになる前の簡単な情報・リンクなんかも載せていきます。

CFP情報 1

CSS2022の論文投稿およびデモ展示・ポスター発表募集のご案内です。みなさまからのご投稿・ご発表をお待ちしております。

コンピュータセキュリティシンポジウム2022 (CSS2022)

■開催期間 2022年10月24日(月) ~ 2022年10月27日(木)

■会場 熊本城ホールとオンライン(ZOOM)のハイブリッド開催

■募集スケジュール

  • 2022年08月12日(金) 論文発表申込締切(アブストラクト)
  • 2022年08月23日(火) 17:00 デモ展示・ポスター発表申込締切
  • 2022年08月23日(火) 17:00 最終原稿締切(カメラレディ)

主催 一般社団法人 情報処理学会 コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)

共催 一般社団法人 情報処理学会 セキュリティ心理学とトラスト研究会(SPT)

合同開催

  • マルウェア対策研究人材育成ワークショップ2022(MWS2022)
  • プライバシーワークショップ2022(PWS2022)
  • ユーザブルセキュリティワークショップ2022(UWS2022)
  • OSSセキュリティ技術ワークショップ2022(OWS2022)
  • ブロックチェーンセキュリティワークショップ2022(BWS2022)

前へ

Linux Kernelの脆弱性(Moderate: CVE-2022-2959)

次へ

Linux Kernelの脆弱性(Important: CVE-2022-0400)