kubernetesの複数の脆弱性情報(Moderate: CVE-2019-11247, CVE-2019-11249)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

08/06/2019にkubernetesの複数の脆弱性情報(Moderate: CVE-2019-11247, CVE-2019-11249)が公開されています。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


2019/08/07更新:Red Hat/Ubuntuの情報を追加しました。




Priority

  • CVE-2019-11247
    • CVSS v3 Base Score: 5.0 (Medium)
    • Vector: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L
  • CVE-2019-11249
    • CVSS v3 Base Score: 4.8 (Medium)
    • Vector: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:L/UI:R/S:U/C:N/I:H/A:N

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • CVE-2019-11247: API server allows access to custom resources via wrong scope #80983
    • APIサーバによるカスタムリソースへの誤ったスコープを通じたアクセスの許可
    • 重要度 - Moderate
    • 問題のあるバージョン:1.7.x-1.12.x, 1.13.0-1.13.8, 1.14.0-1.14.4, 1.15.0-1.15.1
    • 修正バージョン:1.13.9, 1.14.5, 1.15.2
    • リソースが名前空間であるかのようにアクセスを行われた場合、APIサーバが誤ってクラスタスコープのカスタムリソースへのアクセスを許可します。この方法によるリソースへのアクセスの承認は、ロールとネームスペースに結び付けられたロールにより強制されるため、一つのネームスペースのリソースに対して作成の権限が与えられているユーザは、クラスタスコープのリソースに対して参照、更新、削除等が出来るようになります(ネームスペースのロール権限に依存します)。
  • CVE-2019-11249: Incomplete fixes for CVE-2019-1002101 and CVE-2019-11246, kubectl cp potential directory traversal #80984
    • kubectl cpによるディレクトリトラバーサルの可能性
    • 重要度 - Moderate
    • 問題のあるバージョン:1.0.x-1.12.x, 1.13.0-1.13.8, 1.14.0-1.14.4, 1.15.0-1.15.1
    • 修正バージョン:1.13.9, 1.14.5, 1.15.2
    • CVE-2019-1002101, CVE-2019-11246での修正が不完全であったため、kubctl cpコマンドにディレクトリトラバーサルの問題が存在します。


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、サービスの再起動が発生しますので、peacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。


セキュリティ系連載案内


セミナー情報1

コンピュータセキュリティシンポジウム2019(長崎)が2019年10月21日(月) ~ 10月24日(木)で開催されます。

こちらですが、OSSセキュリティ技術の会も後援になっております。

また、Call For Papersで論文も募集しております。 オープンソースソフトウェア(OSS)セキュリティ技術トラック(略称:OWSトラック) も用意しております。

興味のある方は、是非チャレンジして下さい。

https://www.iwsec.org/css/2019/cfp.html

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

Linux Kernelの脆弱性情報(Moderate: CVE-2019-10207)

次へ

MongoDBの脆弱性情報(CVE-2019-2386)