OpenSSHの脆弱性情報(CVE-2018-15473 , CVE-2018-15919)



08/14/2018にOpenSSHの脆弱性情報(CVE-2018-15473)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。(08/29追記: 別の要因から来る同様の脆弱性(CVE-2018-15919)も出ていますので追加しました。)


こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

08/14/2018にOpenSSHの脆弱性情報(CVE-2018-15473)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。

(08/29追記: 別の要因から来る同様の脆弱性(CVE-2018-15919)も出ていますので追加しました。)




Priority

Low

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-15473
    • リモートからのユーザ名列挙(Username Enumeration)の可能性

      重要度 - Low

      OpenSSHでSSHユーザのユーザ名列挙(SSH Username Enumeration)の脆弱性が見つかりました。ユーザ名が存在しない/存在していても/etc/ssh/sshd_configの設定で明示的にSSHを弾いているユーザの場合(/etc/passwdでnologinやfalseを指定しているものという意味ではないです)には、SSH接続へのレスポンスとしてSSH2_MSG_USERAUTH_FAILUREを送るため、これを利用してどんな(SSH可能な)ユーザ名が存在するかを列挙することが出来ます。

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-15919
    • リモートからのユーザ名列挙(Username Enumeration)の可能性

      重要度 - Low

      OpenSSHでSSHユーザのユーザ名列挙(SSH Username Enumeration)の脆弱性が見つかりました。auth-gss2.cに問題が有り、GSSを使っている場合には、どんな(SSH可能な)ユーザ名が存在するかを列挙することが出来ます。

脆弱性の確認(CVE-2018-15473)

既にCVE-2018-15473のExploitコードが出ています。Ubuntu 16.04で確認した所


- localhost: 攻撃マシン
- 172.16.148.128: 攻撃対象OpenSSHサーバ(VMWareのリモート)。

sios@localhost:~/PoC/OpenSSH_User$ ./ssh-check-username.py 172.16.148.128 root
[+] Valid username
sios@localhost:~/PoC/OpenSSH_User$ ./ssh-check-username.py 172.16.148.128 noexistuser 
[*] Invalid username
sios@localhost:~/PoC/OpenSSH_User$ ./ssh-check-username.py 172.16.148.128 existuser
[+] Valid username

のように、リモートからユーザが存在するか否かがわかります。



対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteやKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、サービスの再起動が発生しますので、peacemakerなどOSSのクラスタ製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

セキュリティ系連載案内


セミナー情報 1

2018年10月22日から10月25日のCSS(Computer Security Symposium)2018で、「OSSセキュリティ技術ワークショップ(OWS) 2018特別セッション」 と題しまして、OSSセキュリティ技術の会後援で特別セッションを開催します。

https://www.iwsec.org/ows/2018/index.htmlにプログラム内容と一般論文申し込みの詳細を載せていきますので、是非御確認下さい(ページは更新中です)。

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

Linux Kernelの脆弱性情報(FragmentSmack: CVE-2018-5391)

次へ

Apache Struts2にリモートコード実行(RCE)の脆弱性(S2-057 : CVE-2018-11776)