OpenVPNの脆弱性情報(CVE-2020-8953)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

02/13/2020にOpenVPNの脆弱性情報(CVE-2020-8953)が公開されています。今回はこちらの脆弱性の概要と対応について簡単にまとめてみます。


[過去の関連リンク]


Priority

CVE番号 影響するバージョン 一次情報源 Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2020-8953 Access Server = 2.8.0 https://openvpn.net/security-advisories/

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2020-8953
    • LDAP認証のバイパスの脆弱性
    • Access Server 2.8.0にLDAP認証をバイパスすることが出来る脆弱性が見つかりました。LDAP認証と、 Access Server 2.8.0(その他のバージョンは問題ありません)を組み合わせた際に、ログインプロセスに問題が発生します。二要素認証を使用している場合には、他のセキュリティファクタのおかげで影響を受けません。
    • 修正:Access Server 2.8.1にアップデートして下さい

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください

  • Debian
  • Red Hat Enterprise Linux/CentOS
  • Ubuntu
  • SUSE/openSUSE

対処方法

ベンダー/提供者の案内にしたがい、アップデートを行ってください。


セキュリティ系連載案内

セミナー情報1

2/26(水) 19:00から21:00で、恵比寿のRed Hat様(会場)にてOSSセキュリティ技術の会 第八回勉強会「KeycloakとmidPointの2000万パワーズの巻(仮)」を開催致します。

今回は、KeycloakやmidPointをテーマとし、さらに、Red Hat系のディープな技術者が集まるカンファレンスであるdevconf.czが1月末に開催され、最新のコンテナセキュリティからKeycloakまでセキュリティに関するトピックも扱われました。devconf.czに参加・講演して得られた情報の共有もいたします。

プログラム内容と申し込みの詳細につきましては、こちら(connpass)を御確認下さい。


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

podmanの脆弱性情報(CVE-2020-1726)

次へ

PostgreSQLの脆弱性情報(CVE-2020-1720)と新バージョン(9.6.17, 10.12, 11.7, 12.2)