Perlの脆弱性(CVE-2018-12015)




06/08/2018にPerlの脆弱性情報(CVE-2018-12015)が公開されています。脅威度はLowですが、今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


 

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

06/08/2018にPerlの脆弱性情報(CVE-2018-12015)が公開されています。脅威度はLowですが、今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。



Priority

Low

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)


主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteやKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

[参考]

perl: CVE-2018-12015: Archive::Tar: directory traversal

セキュリティ系連載案内

前へ

Puppet Agentの脆弱性(CVE-2018-6514 , CVE-2018-6515 )

次へ

Linux Kernelの脆弱性(CVE-2018-5803)