PHPの脆弱性情報(Important: CVE-2019-11043)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

10/25/2019にPHPの脆弱性情報(Important: CVE-2019-11043)が公開されています。PoCコードも公開されています。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




一次情報源

CVE番号 影響するバージョン リファレンス Priority CVSS
CVE-2019-11043 7.1.33より前の7.1.x系, 7.2.24より前の7.2.x系, 7.3.11より前の7.3.x系

Sec Bug #78599 env_path_info underflow in fpm_main.c can lead to RCE

SuSE: Important

SuSE: 8.1: AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-11043
    • リモートコード実行の問題
    • 特定のFPM設定の問題で、FPMモジュールが過去にアロケートしたバッファをFCGI用に予約されたスペースに書き込むことが出来、これによりリモートコード実行の可能性があります。

      例えば、下記のようなNginxの設定です。

         location ~ [^/]\.php(/|$) {
              fastcgi_split_path_info ^(.+?\.php)(/.*)$;
              fastcgi_param PATH_INFO       $fastcgi_path_info;
              fastcgi_pass   php:9000;
              ...
        }
      }
      

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。


セキュリティ系連載案内

セミナー情報1

2019/10/29(火) 18:30-20:30に「「やってはイケナイ」をやってみよう 第3弾_in 大阪 」と題しましたセミナーを開催します。このセミナーでは、実際に色々な「やってはイケナイ」をデモを交えて行い、実際にどのような問題が発生するのかを確認し、その様な万が一の場合を防ぐために行っておくべき対策を紹介していきます。

また、(ゲリラ的にOSSセキュリティ技術の会の所属としてですが)先日サンディエゴで開催されましたLinux Security Summit 2019の情報共有も行う予定です。

プログラム内容と申し込みの詳細につきましては、https://sios.connpass.com/event/148268/をご覧下さい。

皆様の申込みをお待ちしております。


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

fileの脆弱性情報(CVE-2019-18218)

次へ

Sambaの脆弱性情報(Medium: CVE-2019-10218, CVE-2019-14833, CVE-2019-14847)と修正バージョン(4.11.2, 4.10.10, 4.9.15)