PostgreSQLの脆弱性情報(CVE-2020-25694, CVE-2020-25695, CVE-2020-25696)と新バージョン(9.5.24, 9.6.20, 10.15, 11.10, 12.5, 13.1)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

11/16/2020にPostgreSQLの脆弱性情報(CVE-2020-25694, CVE-2020-25695, CVE-2020-25696)と新バージョン(9.5.24, 9.6.20, 10.15, 11.10, 12.5, 13.1)が公開されました。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




CVSS/一次情報源

CVE番号 影響するバージョン リファレンス Priority CVSS
CVE-2020-25694 postgresql 9, 10, 11, 12, 13 < 9.5, 9.6, 10, 11, 12, 13

PostgreSQL 13.1, 12.5, 11.10, 10.15, 9.6.20, and 9.5.24 Released!

Vendor: 8.1

Vendor: Vector: AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

CVE-2020-25695 postgresql 9, 10, 11, 12, 13 < 9.5, 9.6, 10, 11, 12, 13

PostgreSQL 13.1, 12.5, 11.10, 10.15, 9.6.20, and 9.5.24 Released!

Vendor: 8.8

Vendor: Vector: AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

CVE-2020-25696 postgresql 9, 10, 11, 12, 13 < 9.5, 9.6, 10, 11, 12, 13

PostgreSQL 13.1, 12.5, 11.10, 10.15, 9.6.20, and 9.5.24 Released!

Vendor: 7.5

Vendor: Vector: AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2020-25694
    • 再接続による接続セキュリティ設定のダウングレード
    • PostgreSQLのクライアントアプリケーションが追加のデータベース接続を作成するがセキュリティ関連のパラメータを削除しながら基本的な接続パラメータのみを再利用する場合には、man-in-the-middle攻撃、またはクリアテキスト送信を監視する機能が存在する可能性があります。この脆弱性による脅威はデータの機密性・整合性・可用性です。
  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2020-25695
    • "セキュリティ操作制限"のサンドボックスからの脱出
    • テンポラリで無いオブジェクトを少なくとも1つのスキーマに作成することが出来る権限を持っている攻撃者は、任意のSQL関数をsuperuserとして実行することが出来ます。この脆弱性による脅威はデータの機密性・整合性・可用性です。
  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2020-25696
    • psqlの\gsetによる特殊変数の上書き


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。


セキュリティ系連載案内


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

Intel製CPUの脆弱性("Platypus": INTEL-SA-00389)

次へ

Linux Kernelのfbconでのバッファオーバー読み込みの脆弱性(Moderate: CVE-2020-28915)