PPPの脆弱性情報(CVE-2018-11574)




06/12/2018にPPPの脆弱性情報(CVE-2018-11574)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


 

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

06/12/2018にPPPの脆弱性情報(CVE-2018-11574)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。



Priority

Moderate

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-11574
    • PPPDのクラッシュと情報露出、認証バイパスの可能性

    • 重要度 - Moderate

    • EAP-TLSプロトコルのPPDでの実装で、不完全な入力チェックに起因して、整数オーバーフローとクラッシュ、情報の露出、認証のバイパスが発生する可能性が有ります。この実装はPPPD 0.91でのパッチとして配布されており、eap.cとeap-tls.cファイルに影響します。"refuse-app"オプションでの設定による影響を受けません。


主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteやKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

[参考]

https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-11574

セキュリティ系連載案内

前へ

Linux Kernelの脆弱性情報(CVE-2018-12232 , CVE-2018-12233 )

次へ

389-ds-baseの脆弱性(CVE-2018-10850)