Puppet Agentの脆弱性(CVE-2018-6514 , CVE-2018-6515 )




06/12/2018にPuppet Agentの脆弱性情報(CVE-2018-6514 , CVE-2018-6515 )が公開されています。両方共対象はWindowsのみですが、puppetパッケージが更新されていますので、今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


 

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

06/12/2018にPuppet Agentの脆弱性情報(CVE-2018-6514 , CVE-2018-6515 )が公開されています。両方共対象はWindowsのみですが、puppetパッケージが更新されていますので、今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。



Priority

Important(CVE-2018-6514, CVE-2018-6515)

CVSS Severity (version 3.0):

  • CVE-2018-6514

    • CVSS v3 Base Score: 7.5 High

  • CVE-2018-6515

    • CVSS v3 Base Score: 8.8 High

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-6514
    • 権限昇格の可能性

    • 重要度 - Important

    • 脆弱性のあるバージョン(Windowsのみ)

      • Puppet Agent 1.10.x prior to 1.10.13

      • Puppet Agent 5.3.x prior to 5.3.7

      • Puppet Agent 5.5.x prior to 5.5.2

    • Windows上でのFacterにはDLLプリロード攻撃の脆弱性が存在し、権限昇格される可能性が有ります。

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-6515
    • 特権での任意のコードのpxp-agentへのロードの可能性

    • 重要度 - High

    • 脆弱性のあるバージョン(Windowsのみ)

      • Puppet Agent 1.10.x prior to 1.10.13

      • Puppet Agent 5.3.x prior to 5.3.7

      • Puppet Agent 5.5.x prior to 5.5.2

    • Windowsのみですが攻撃者による細工された設定ファイルにより、pxp-agentで特権で任意のコードをロードする事が出来ます。



対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteやKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

[参考]

CVE-2018-6514 - Facter Tries to Load DLLs from the Current Working Directory

CVE-2018-6515 - pxp-agent Attempts to Configure OpenSSL from Uncontrolled Location

セキュリティ系連載案内

前へ

OpenSSLの脆弱性 ( CVE-2018-0732 )

次へ

Perlの脆弱性(CVE-2018-12015)