QEMUの脆弱性(CVE-2018-7550) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

QEMUの脆弱性(CVE-2018-7550) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / QEMUの脆弱性(CVE-2018-7550)
 

QEMUの脆弱性(CVE-2018-7550)

03/03/2018に、QEMUの脆弱性についての情報(CVE-2018-7550)が出ています。KVMやXenにも関わってきますので、今回は、この脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。
 


こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

03/03/2018に、QEMUの脆弱性についての情報(CVE-2018-7550)が出ています。KVMやXenにも関わってきますので、今回は、この脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


関連するCVE

CVE-2018-7550

Priority

Moderate

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • CVE-2018-7550
    • ローカルのゲストOSユーザによるQEMUホストでの任意のコード実行の可能性

    • 重要度 - Moderate

    • hw/i386/multiboot.c中のload_multiboot()関数に問題があり、ローカルのゲストOSユーザが、mh_bss_end_addrよりも大きい値のmh_load_end_addrを使うことで境界外のメモリに読み書きのアクセスが出来るようになり、結果として任意のコードをQEMUホスト上で実行することができる可能性が有ります。


主なディストリビューションの対応方法

関係するパッケージのバージョンを更新する必要があります。

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください

https://people.canonical.com/~ubuntu-security/cve/2018/CVE-2018-7550.html


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

Red Hat Satelliteを用いた一般的なErattaの適用は、『Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる』を参考にして下さい。

また、ホストOSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[参考]

CVE-2018-7550

セキュリティ系連載案内

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン

----- EXTENDED BODY:

前へ

linux kernelに特権昇格の脆弱性(Dirty COW: CVE-2016-5195) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

次へ

Dockerの--security-optオプション(AppArmor) — | サイオスOSS | サイオステクノロジー