rubyの脆弱性情報(Important: CVE-2018-16395, Moderate: CVE-2018-16396)



こちらでは主にOSSの脆弱性を取り上げていきます。10/25/2018にrubyの脆弱性情報(Important: CVE-2018-16395, Moderate: CVE-2018-16396)が公開されています。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

こちらでは主にOSSの脆弱性を取り上げていきます。10/25/2018にrubyの脆弱性情報(Important: CVE-2018-16395, Moderate: CVE-2018-16396)が公開されています。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

  • CVE-2018-16395

    Important

    • SuSE
      • CVSS v3 Base Score: 9.1
      • Vector: AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N
    • Red Hat Customer Potal
      • CVSS v3 Base Score: 7.4
      • Vector: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N
    • NVD
  • CVE-2018-16396

    Moderate

    • SuSE
      • CVSS v3 Base Score: 4.8
      • Vector: AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:L
    • Red Hat Customer Potal
      • CVSS v3 Base Score: 5.9
      • Vector: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N
    • NVD

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • https://www.ruby-lang.org/ja/news/2018/10/17/openssl-x509-name-equality-check-does-not-work-correctly-cve-2018-16395/
    • CVE-2018-16395: OpenSSL::X509::Name の同一性判定が機能していない脆弱性について
    • 重要度 - Important
    • (引用) Ruby の標準添付ライブラリ openssl では OpenSSL::X509::Name クラスによって X.509 証明書で用いられる形式の名前データを扱うことができます。 ところが、このクラスのインスタンス同士を比較した場合、データの内容によっては、本来一致とみなされるべきではないものが一致しているとみなされてしまうという脆弱性が発見されました。 この脆弱性は、CVE-2018-16395 として登録されています。
  • https://www.ruby-lang.org/ja/news/2018/10/17/not-propagated-taint-flag-in-some-formats-of-pack-cve-2018-16396/
    • CVE-2018-16396: Array#pack および String#unpack の一部のフォーマット指定においてtaintフラグが伝播しない脆弱性について
    • 重要度 - Moderate
    • (引用) Array#pack および String#unpack の一部のフォーマット指定において、元データの taint フラグが適切に出力文字列・配列に対して伝播しないという脆弱性が発見されました。 この脆弱性は、CVE-2018-16396 として登録されています。


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

セキュリティ系連載案内


セミナー情報 1

2018/11/05 19:00に、「2018年秋のBPFまつり」と題しまして、OSSセキュリティ技術の会 第四回勉強会を行います。

今回のテーマはBPF(Berkeley Packet Filter)になります。

https://secureoss-sig.connpass.com/event/103763/がプログラム内容と申し込みの詳細になります。奮ってご参加下さい。

セミナー情報 2

2018/11/14 17:00に、「NGINX MeetUp Tokyo #1」を行います。

今回はNGINX .conf 2018 現地参加者より最新情報を共有させて頂きます。

https://nginx-mj.connpass.com/event/103617/がプログラム内容と申し込みの詳細になります。奮ってご参加下さい。

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

curlの複数の脆弱性情報(Low: CVE-2018-16839, CVE-2018-16840, CVE-2018-16842)

次へ

Intel CPUの脆弱性( Portsmash : CVE-2018-5407 )