runcの脆弱性(Important: CVE-2021-30465) (Symlink-Exchange Attack: シンボリックリンク攻撃)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

05/19/2021にruncの脆弱性(Important: CVE-2021-30465)が公開されました(Symlink-Exchange Attack: シンボリックリンク攻撃)。Kubernetesも影響を受けますが、Kubernetesの脆弱性ということではないので注意が必要です。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


2021/05/20 14:00追記:AWS, Ubuntuの情報を追加しました。

2021/05/21 14:00追記:Arch, VMWareの情報を追加しました。




Priority

CVE番号 影響するバージョン 一次情報源 Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2021-30465 runc <=1.0.0-rc94 CVE-2021-30465: runc <1.0.0-rc95 vulnerable to symlink-exchange attack

Red Hat: 7.8 Important

Red Hat: CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2021-30465
    • コンテナ脱出が可能になる可能性
    • 1.0.0-rc94以前のruncには、シンボリックリンク攻撃により攻撃者が一見無害に見えるコンテナ設定を要求することで、ホストのファイルシステムがコンテナにbind-mountされます(コンテナからの脱出が可能になります)。

      攻撃者はカスタマイズされたボリューム設定でコンテナを開始する必要があり、コンテナを堅牢化するために用いられるLSM(AppAromrやSELinux)とユーザネームスペースが攻撃者の出来ることに制限を掛けられますが、攻撃自体を防ぐことは出来ません。Kubernetesを用いて(Kubernetes特有のパスにより)再現させることが出来ますが、これはKubernetes特有の問題ではありません。
    • 詳細:

      コンテナが起動されていて、runcが(シンボリックリンク攻撃を行っている)別のコンテナと共有されているボリュームにマウントする状況で、runcはマウントのターゲットをTOCTTOU攻撃でコンテナ外部のrootfsをマウントさせることが出来ます(これはlibpathrs[2]で解決に取り組んでいる問題)である以前のTOCTTOU攻撃に似ています。

      しかしながら、これは"MS_SLAVE"フラグが"/"に適用されているマウントネームスペース内で発生するため、これだけでは役に立ちません。これを悪用するには、設定ファイルにマウントとされたホストパスのsubpathを後続のマウントソースとして使用できる設定が加えられていなくてはなりません。

      ただし、一部のコンテナオーケストレータ(Kubernetesなど)では、追加のボリューム管理インフラストラクチャが存在するため、この攻撃を適用できます。詳しくは、一次情報源を参照してください

緩和策

Red Hatによると、この問題はSELinuxを有効にしている事で影響の緩和が可能とのことです。

Symlink-Exchange attack - runc - (CVE-2021-30465)

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、コンテナサービスの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。


セキュリティ系連載案内

CM

こちらで小学生の勉強支援サイトをオープンしました。算数のプリント(都度、自動生成)が無料でダウンロードできます。コンテンツは未だ少ないですが、徐々に増やしていきます。


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

libx11の脆弱性(Important: CVE-2021-31535)

次へ

Linux Kernelの脆弱性(Moderate: CVE-2021-3564)