runcの脆弱性(Moderate: CVE-2021-43784)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

12/06/2021にruncの脆弱性(Moderate: CVE-2021-43784)が公開されました。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。





Priority

CVE番号 影響するバージョン 一次情報源 Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2021-43784 runc <1.0.3 Overflow in netlink bytemsg length field allows attacker to override netlink-based container configuration

Red Hat: 5.3 Moderate

Red Hat:CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2021-43784
    • netlinkベースのコンテナ設定の可能性
    • runcでは、netlinkがコンテナ構成を指定するための内部的なシリアライズシステムとして使用されています。1.0.3より前のruncでは暗号化の際に16bit長の属性フィールドで整数オーバーフローが発生する可能性を扱っていませんでした。これにより悪意のある攻撃者が充分に大きいバイト配列を属性に流すことにより属性の内容がnetlinkメッセージとして解析される可能性があります。

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、コンテナサービスの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品やLifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。


セキュリティ系連載案内

日々のメモを更新しています。

セキュリティ関係ニュースを更新しています。個別で情報出せるようになる前の簡単な情報・リンクなんかも載せていきます。

セミナー情報1

2021/10/22日に大阪商工会議所様が開催致しました「BCP・サイバーセキュリティセミナー「やってはイケナイ」をやってみる!」ですが、Youtube動画が公開されています。筆者も登壇しましたので、ご興味がありましたらぜひ見て下さい。


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

CVE数の動向と考察(2021年版)Part2-表2

次へ

ModSecurityの脆弱性情報(CVE-2021-42717)