Struts 2のリモートコード実行の脆弱性情報(Important: CVE-2020-17530)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

12/08/2020にStruts 2のリモートコード実行の脆弱性情報(Important: CVE-2020-17530)が公開されています。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。





Priority

\n
CVE番号 影響するバージョン Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2020-17530 Struts 2.0.0 - Struts 2.5.25

Vendor: Important

Red Hat: CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • https://cwiki.apache.org/confluence/display/ww/s2-061 (CVE-2020-17530)
      Some of the tag's attributes could perform a double evaluation if a developer applied forced OGNL evaluation by using the %{...} syntax. Using forced OGNL evaluation on untrusted user input can lead to a Remote Code Execution and security degradation.
    • RCE(リモートコード実行)の可能性
    • Apache Strutsフレームワークでは、開発者が%{...} 文法を使用した際にOGNL評価を強制適用させている場合、いくつかのタグの属性は重複した評価を実行します。OGNL評価の強制が信頼できないユーザ入力によって使用された場合、リモートコード実行(Remote Code Execution: RCE)を引き起こしてセキュリティ劣化につながる可能性があります。
    • 解決方法:信頼できないユーザ入力を避けるようにするか、2020年12月にリリースされたStruts 2.5.26にアップグレードして下さい
    • 回避方法:Security Guideに従って、信頼できないユーザ入力に基づくタグのOGNL評価強制をしないようにしてください。

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。


セキュリティ系連載案内


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

マルチテナントクラスタに影響するKubernetesのMan-In-the-Middle 脆弱性情報(Moderate: CVE-2020-8554)

次へ

【備忘録】Twitter Developerの登録をしてみたらメールで3回もやりとりする羽目になった