sudoの脆弱性情報(Moderate: CVE-2021-23239, CVE-2021-23240)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

01/12/2021にsudoの脆弱性情報(Moderate: CVE-2021-23239, CVE-2021-23240)が公開されています。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。





Priority

\n
CVE番号 影響するバージョン Priority CVSS Score / CVSS Vector
CVE-2021-23239 sudo < 1.9.5

:Red Hat: 6.2 Moderate

Red Hat: CVSS:3.1/AV:L/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

CVE-2021-23240 sudo < 1.9.5

Red Hat: 6.3 Moderate

Red Hat: CVSS:3.1/AV:L/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2021-23239
    • sudoeditを用いたディレクトリ存在情報漏えいの可能性
    • 1.9.5までのsudoにふくまれるsudoeditでは、sudo_edit.cにあるユーザが操作できるディレクトリの競合状態を利用して、ローカルの非特権ユーザが任意の存在するディレクトリの存在をテストすることができる可能性があります。
  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2021-23240
    • SELinuxがPermissiveモードになっている際のsudoeditpwfeedbackが有効になっている場合のバッファーオーバーフローの可能性
    • 1.9.5までのsudoにふくまれるsudoeditでは、SELinuxがシステムで有効になっていてPermissiveモード(setenforce 0等)にしている時にsudoeditを許可されているユーザが任意のファイルのオーナーを任意に変更することが出来ます。詳細な情報は Symbolic link attack in SELinux-enabled sudoedit に記載されています。
    • 緩和策:以下のいずれかを実施することで緩和できます。
      1. SELinuxをEnforcingモード(有効)にすることで緩和できます。
      2. /proc/sys/fs/protected_symlinksを1にすることで問題を緩和できます。


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。


セキュリティ系連載案内


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

Linux Kernelの脆弱性(Moderate: CVE-2020-27835)

次へ

Apache Tomcatの脆弱性情報(Important: CVE-2021-24122)