Tomcat 7.x/8.x/9.xに関しての脆弱性( CVE-2018-8014 : Low )




05/16/2018に、Tomcat 7.x/8.x/9.xに関しての脆弱性情報 ( CVE-2018-8014 )が出ています。Lowなものなので大丈夫と思いますが、今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

05/16/2018に、Tomcat 7.x/8.x/9.xに関しての脆弱性情報 ( CVE-2018-8014 )が出ています。Lowなものなので大丈夫と思いますが、今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。


Priority

Low

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)


主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteやKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

また、OSの再起動が発生しますので、peacemakerなどOSSのクラスタ製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[参考]

http://tomcat.apache.org/security-9.html

http://tomcat.apache.org/security-8.html

http://tomcat.apache.org/security-7.html

セキュリティ系連載案内

前へ

curlに複数の脆弱性(CVE-2018-1000300, CVE-2018-1000301)

次へ

Procps-ngに複数の脆弱性(CVE-2018-1120, CVE-2018-1121, CVE-2018-1122, CVE-2018-1123, CVE-2018-1124, CVE-2018-1125, CVE-2018-1126)