Apache Tomcatの脆弱性情報(Moderate: CVE-2020-13943)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

10/12/2020にApache Tomcatの脆弱性情報(Moderate: CVE-2020-13943)が公開されています。今回はこちらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




一次情報源

CVE番号 影響するバージョン リファレンス Priority CVSS
CVE-2020-13943 10.0.0-M1 - 10.0.0-M7, 9.0.0.M1 - 9.0.37, 8.5.0 - 8.5.57

Moderate: HTTP/2 request mix-up

Vendor: Moderate

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2020-13943
    • HTTP/2リクエストの取り違えの可能性
    • HTTP/2クライアントが接続の同時ストリームで許可された最大数を超えた際には、その接続の引続きのリクエストが意図されたヘッダーではなく(HTTP/2疑似ヘッダーを含む)HTTPヘッダを含む可能性があります。これにより、ユーザが意図しないリソースからの応答を見る可能性があります。

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。


セキュリティ系連載案内

セミナー情報1

コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2020併設のワークショップ、 OSSセキュリティ技術ワークショップ(OWS) 2020の企画講演セッション及び、 一般論文セッションの発表募集をさせていただきます。

今年度はオンラインでの開催となります。奮ってのご投稿、お待ちしております。

https://www.iwsec.org/ows/2020/


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

前へ

Linux Kernelの脆弱性情報(Moderate: CVE-2020-26088)

次へ

phpMyadminの脆弱性情報(PMASA-2020-5 : CVE-2020-26934, PMASA-2020-6 : CVE-2020-26935)