Apache Tomcatの脆弱性情報(Low: CVE-2022-34305)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

06/23/2021にApache Tomcatの脆弱性情報(Low: CVE-2022-34305)が公開されています。Lowではありますが、tomcatなので念の為、この脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




一次情報源

CVE番号 影響するバージョン リファレンス Priority CVSS
CVE-2022-34305 8.5.55 to 8.5.81, 9.0.30 to 9.0.64, 10.0.0-M1 to 10.0.22, 10.1.0-M1 to 10.1.0-M16

Low: Apache Tomcat XSS in examples web application CVE-2022-34305

Vendor: Low

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2022-34305
    • サンプルのWebアプリケーション中にXSSの脆弱性
    • サンプルWebアプリケーションの「Form authentication(フォーム認証)」はユーザが提供したデータをフィルタ無しで表示してしまうため、XSS脆弱性が存在します。

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

日々のメモを更新しています。

セキュリティ関係ニュースを更新しています。個別で情報出せるようになる前の簡単な情報・リンクなんかも載せていきます。

セミナー情報1

2022/06/24にこちらのセミナーで「最近の状況を鑑みた脆弱性対策の重要性について」として2022-Q1の脆弱性の情報を入れながら、脆弱性対策についてお話します。ご興味がありましたらぜひご参加下さい。

前へ

OpenSSLの脆弱性情報(Moderate: CVE-2022-2068)と新バージョン(3.0.4, 1.1.1p, 1.0.2zf))

次へ

2022Q1セキュリティ脅威動向まとめ