Apache Tomcatの脆弱性情報(High: CVE-2021-43980)

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

09/28/2021にApache Tomcatの脆弱性情報(High: CVE-2021-43980)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




一次情報源

CVE番号 影響するバージョン リファレンス Priority CVSS
CVE-2021-43980 8.5.0 to 8.5.77, 9.0.0-M1 to 9.0.60, 10.0.0-M1 to 10.0.18

High: Information Disclosure CVE-2021-43980

Vendor: High

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2021-43980
    • 情報漏えいの可能性
    • Tomcat 10で導入され、Tomcat 9.0.47にバックポートされたread/writeをブロックする単純化された実装に(発動させるには非常に難しい)バグがあり、Http11Processorインスタンスを共有しているクライアント接続で、応答や返答の一部を間違ったクライアントに送る可能性があります。

主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat SatelliteKatello、Spacewalk等を使うと管理が便利でしょう。

日々のメモを更新しています。

セキュリティ関係ニュースを更新しています。個別で情報出せるようになる前の簡単な情報・リンクなんかも載せていきます。

セミナー情報

今年も情報処理学会のCSS2022(有償)中でOWS2022を開催致します。

■開催期間 2022年10月24日(月) ~ 2022年10月27日(木)

■会場 熊本城ホールとオンライン(ZOOM)のハイブリッド開催

主催 一般社団法人 情報処理学会 コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)

共催 一般社団法人 情報処理学会 セキュリティ心理学とトラスト研究会(SPT)

合同開催

OWS2022では、企画講演セッションの他に、招待講演として「タイトル:オープンソースソフトウェアをより安全にするための取組み」と題してLinux Foundationの方に講演いただきます。

他にもOSSのセキュリティに関する講演や論文発表が目白押しです。奮ってご参加ください。

参加費はこちら(OWSだけでなくCSS全てに参加することができます。

参加登録はこちら

前へ

BIND 9の脆弱性情報(Hig: CVE-2022-2906, CVE-2022-3080, CVE-2022-38177, CVE-2022-38178, Medium: CVE-2022-2795,CVE-2022-2881)と新バージョン(9.16.33, 9.18.7, 9.19.5 )

次へ

ISC DHCPの脆弱性(Medium: CVE-2022-2928 , CVE-2022-2929 )